移動費に絡んでの実践している節約について

移動費の節約について、実践してる人も多いとは思いますがご紹介いたします。家族の通勤は、市営バスなのですが、定期券を購入するよりも市バスのチケットを利用する方がお得な為そうしています。尚且つ、金券ショップで230円のチケットを198円、数十枚まとめて購入して利用しています。

また、京都の地下鉄ではトラフィカ京カードという購入額に1割上乗せのカードがあるので、それを97%程で金券ショップで買って利用しています。電子マネーは便利ですが、簡単な故使っても意識に上がってきません。チャージ額は最低限にするようにし、私鉄を乗り継ぐ時など限定して使用しています。

まだ、JRの株主優待券は使ってみたことがありません。かなり遠くまで利用しないといけないことや、JRでも西日本、東海など会社をまたぐと使用できないなど綿密に計算せねば使えるシチュエーションがないものなので、考える時間を節約することにして利用しないと決めています。阪急のチケットはチケットショップでよく買っていたのですが、廃止になったので節約方法がなくなりました。

京都駅にはJCBラウンジがあるので、駅まで出かけた際は、無料でコーヒーブレイクして、雑誌を読んで気分転換と情報収集をするように徹底しています。

借りたお金を即日で返済するとどうなるのか?

消費者金融で借り入れをしたお金をした場合、金利はどうなるのかといいますと、金利は即日返済ならつかないことになっています。

借り入れをしたら、その日から金利が付きそうな感じですが、民法第140条では、借り入れ当日に金利はかからないように法で定められていますので、金利が付かないようになっています。

ですので、無利息で利用したい場合なら、すぐに返済するというのが一番いいのです。

即日返済ができなくても、金利は日割り計算で出されますので、すぐに返せば金利といっても微々たるものですので、ほとんど影響はありませんが、

謝金というのは早めに返すのが一番いいというわけです。

なお、手数料が付くケースには、十分に注意してください。

キャッシングの利用限度額は審査にて

キャッシングというのは借りる時に枠を決められるということになります。審査によって決められるわけですが、要するにその人にいくらまでならば貸すことができるのかというようなことを様々な情報から判断してくれるわけです。審査とはその為に行うことであるといっても過言ではないです。ダ

メであった場合、貸すことがそもそもできないような状態である人と判断されたと考えてよいでしょう。ですが一度審査に通過したのであればその許容限度額までであれば貸してもらうということがかなりスムーズにやれるようになります。

一応、見直しもされることがありますが、よほど金融信用情報に影響がない限りはそのままです。安心して使うことができます。

銀行カードローンの過剰融資問題がもたらしたもの

2018年に大きな問題となった銀行カードローンの過剰融資問題は銀行法の法律改正までには至らなかったものの、法律には現れない銀行カードローンに比較的大きな変更をもたらしました。

一つは銀行の自主規制による改正貸金業法の総量規制とほぼ同じレベルの貸付金額規制です。そして、もう一つは反社会的勢力への融資を防止するために融資希望者の警察へのデーターベースの照会から即日融資が不可能になったことです。

消費者金融などの貸金業者が改正貸金業法によって規制されたことから、大幅に融資額を増やしていた銀行カードローンも自主規制とは言え、こうなってしまえばこれからの大幅な融資額の拡大は不可能になったということになるでしょう。銀行側の自業自得であるということかもしれません。