リサイクルショップに売れるものはすべて売った

今すぐまとまったお金が欲しいと思ったとき、リサイクルショップに駆け込むことにしました。もちろん、行きやすく、ホームページなどで買取額アップにしてもらえるクーポンをスマホに保存するという下調べもしっかりしていきました。

ブランドもののバッグや、記念硬貨・天然石のアクセサリー(これらはいずれも人からもらったものです)・腕時計・ブランドの服、化粧品、温度キープのできるタンブラーやアメニティグッズ、靴やブーツ、そして重たいホットプレートに、圧力鍋まで、電車に乗って、恥ずかしい思いをし、しかも炎天下の夏の暑い日だったので汗まみれになりながら、すべて持参しました。

合計買取金額としては、5000円程度にしかならなかったのですが、それでも、宝の持ち腐れであり、置いてあってもかさばるし、邪魔になるだけの無用の長物でしたので、ある意味、ゴミとして出すよりかはよかったと思いました。もちろん、自分でインターネットオークションサイトなどで売ったらもっと高値になったかもしれませんが、手間暇と時間を考えたら私にはこちらの方法のほうが合っていたように思います。

こんなもの買い取ってもらえるかなと思ったものであっても、とりあえずは持っていくと0円でも引き取ってもらえるのもありがたいです。

移動費に絡んでの実践している節約について

移動費の節約について、実践してる人も多いとは思いますがご紹介いたします。家族の通勤は、市営バスなのですが、定期券を購入するよりも市バスのチケットを利用する方がお得な為そうしています。尚且つ、金券ショップで230円のチケットを198円、数十枚まとめて購入して利用しています。

また、京都の地下鉄ではトラフィカ京カードという購入額に1割上乗せのカードがあるので、それを97%程で金券ショップで買って利用しています。電子マネーは便利ですが、簡単な故使っても意識に上がってきません。チャージ額は最低限にするようにし、私鉄を乗り継ぐ時など限定して使用しています。

まだ、JRの株主優待券は使ってみたことがありません。かなり遠くまで利用しないといけないことや、JRでも西日本、東海など会社をまたぐと使用できないなど綿密に計算せねば使えるシチュエーションがないものなので、考える時間を節約することにして利用しないと決めています。阪急のチケットはチケットショップでよく買っていたのですが、廃止になったので節約方法がなくなりました。

京都駅にはJCBラウンジがあるので、駅まで出かけた際は、無料でコーヒーブレイクして、雑誌を読んで気分転換と情報収集をするように徹底しています。